10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月下の灯火

 F/F/零/式でネタ考えてました。そんなことばっかりしてるのかよ、とか言われそうですけども。まあ実際そうなんで弁解はしない。加筆修正もやってますけども、結局やってることはそんな感じ。
 ただまあこちらはふっつーに原作沿いの夢。まあ私なのでふっつーに友情。つか兄弟系の夢。それ以上にはならんとです。若干いきすぎてるかもですが。あとまあ少々の原作無視含みます。いろいろと。やるならね!

 とりあえず飛翔キリよくして、といろいろやることあるので。まあそれ終わらせてからにはなりますが。
 でもまあもったいないからネタだけあげときますー。「書けよ!!」って言われたら書きそうで怖い。ぶっちゃけ書いてみたいからな!! でもなあ。やっぱいろいろと、あるからなあ……。むいむい。


 一応畳みますので興味あればどぞー。

続きを読む

スポンサーサイト

ネタである

 ぼーんやりと考えていた8Jのネタ。
 現代パロ。なんていうか。あの世界から転生して、って感じの。パロというか、まあ、流れ着いたともいうのかもしれないが。そんな感じ。オリエンスの未来(この世界の現代風味)みたいな。

 ざくーっと。畳む。


 そして空パチいつもながらありがとうございますー! 流星は友人からも感想貰えてほくほくでした。相方からもOK出たし。
 部活が文芸なので、また文章書くのですー。優璃ちゃんとクロードさんモチーフのキャラでラブいの。あ、でも大空のあの子たちはくっつがないぜ!! 大丈夫!!

続きを読む

折角だし

 ドール設計図を出してみようと思う。といっても版権キャラの彼らがそのゲームで遊ぶとしたならば。ということを前提としている話ですのでご注意を。
 ちなみに予定しているハウスルール。

1.初回のみ変異1での【おとこのこ】取得を許可する。ただしこれに伴うハンデとして、悪意点は1人分多く計算することとする。つまりメンバーが6人ならば7人分の悪意点。また追加された悪意点は『もう1人プレイヤーがいる』という換算の下に割り振られるため、寵愛点が増えることはない。

2.プレイヤーは常に6人とする。また、ポジションが被ることも認めない。
 攫われたりなどして減少した場合、攫われた者のドールはサヴァントとなりプレイヤーは離脱し他の者へとプレイヤーを交代することとする。欠けた部分が補えない場合は『姉妹が消えて心のバランスが崩れたために』精神崩壊を起こしたとしてゲームオーバー。

3.すべてのパーツが解体された場合、『復帰できない損傷を負った』として離脱してもらう。この場合もプレイヤーの補給を必要とする。

4.NCは転倒を使う。

5.初回に【おとこのこ】を取得したドールが【おとこのこ】を破壊された場合、任意の未練を発狂させること。

 最後は未定ですけれどもね。というか鬼畜ルールだね、改めて見て思ったわ。
 でも【おとこのこ】取得をあえて厳しくしたのには理由がある。狂気判定に大きく関わる対話判定に+1できるパーツだからね。狂わせたいNC側としては「男タヒね」って感じでしょうしねーという考えあってのこと。あとまあこの卓の場合【ポジション】からプレイヤーを決めていくのでPLのことを「ポジションプレイヤー」と呼んでもいいかもしれない。
 【アリス】のポジションプレイヤーであるレムが欠けたので、次のポジションプレイヤーに交代してください。
 って書き方はわかりやすいんじゃないかな? と。うん。まあそれだけだが。
 下にドール設計図ー。

 そして空パチしてくださっている方々、本当にありがとうございます。
 なんだかんだと励みでございます。が、頑張って書くぜ……。

続きを読む

ちょっと考えてみた

 こんなの妄想して私は楽しんでる。
 FF零式の人間が自分のキャラでネクロニカをやるならば。

【アリス】
 レム
  ロマネスク/レクイエム

【ホリック】
 ジャック
  タナトス/タナトス

【オートマトン】
 エース
  ステーシー/バロック

【ジャンク】
 シンク
  バロック/ロマネスク

【コート】
 マキナ
  ゴシック/ステーシー

【ソロリティ】
 キング
  レクイエム/タナトス

 な感じかな。メインクラス/サブクラス、です。はい。
 まあ全部のポジションを埋めましたので6人かなあ、と。盾は皆さまの予想通りにエースです。攻撃力特化は変わらずジャック。サブ盾にマキナ。銃使いにキングさん。多分こっそり怖い女2人。まだパーツ決めてないけどきっとシンクはえげつないドールを組むのだろう。
 考えるだけで楽しいね、これ(笑)

はろー。はろー。

 こねた。流星。


「そういや、スコール。お前、なんでリノアと会ったんだよ?」
「……(なんであんたに話さなくちゃなんないんだよ。っていうかなんだその質問。セクハラだろ。訴えるぞ。金とるぞ)」
「なあなあ。教えてくれたっていいだろ?」
「(だからなんで教えなくちゃいけないんだ。俺があんたに教えなくちゃいけない理由があるのか? あんた女好きだしな。リノアまで狙ってるのか? だとしたら……)」
「おーい、スコール?」

 大体ザックスとスコールはこんな感じ。
 スコールは頭の中がうるさい人です。そしてザックスはリノアちゃんと仲良くなりたい感じで。でもスコールガードが堅過ぎて困ってる。いいじゃない仲良くなっても。って思ってる。
 そんな感じの2人が好き。でも意外と仲いいザックスとリノアとかでスコールが妬いてたらもっと萌える。

プロフィール

冬弥

Author:冬弥
物書き。気楽にやってます。
基本放置してる生存確認用。Twitter見る方が息はわかる。

Tree-Arcive

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。