10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せめて設定だけでも

 どう足掻いてもしばらくは連載できそうにないので設定だけでもアップ。いつかやりたい。時雨が終わった後だとかならできそう。あれ20話完結のつもりだし。
 後、鈴花のプロットを今見直してるのでしばらく更新無理です。もうあえて天地戦争時代のあれこれはカットして、D2の方でやる、ということを考えています。だって2回やることになるんですよね、今のまんまじゃ。


 下からゾイドジェネシスのヒロイン設定。
 いつか絶対に……!(決意だけはムダに固い)





毎度のごとくデフォルト名


名前:セフィラ・ブルームーン
身長:170後半
体重:55kg
年齢:26くらい
誕生日:5月6日
誕生花:オダマキ(勝利・勝利の誓い)
備考:
 無印ゾイド(バン達の時代)からのタイムトリップ設定。
 ゾイドは『ライトニングサイクス』。アーバインと似たような感じで、愛機だった『シールドライガー』の戦闘記憶を移植したものでありアーバインよりも前に作られたものなのでかなり扱いは難しい。ヒロインは元々の腕のよさとオーガノイド『ラピス』の力も借りて操縦している。ちなみに、無印の戦争にはすべて関わっておりバンとも仲がよかった。
 本人曰く、ゾイドに乗るよりもゾイドを研究する方が向いている、とのこと。アウトドアじゃなくてインドアなのに、といつもぼやいている。
 原因は分からないが目が覚めるとジェネシスの時代にいた。ルージ達の村に保護されたりだとかするうちにルージに興味を持つ。ムラサメライガーの研究もしたい、ということでルージと同行。そこからディガルドの行動に疑問を持ち戦争に身を投じていく。

名前の由来
セフィラ、はただの響きで。
ブルームーンは『ありえないこと』を示す単語。『ありえない』トリップをして『ありえないような』歴史的瞬間に巻き込まれていく、という意味でのこのファミリーネーム。愛称は『セフィ』。




●オーガノイド
名前:ラピス (ヒロインは『ラピ』と呼ぶ)
形態:恐竜型(ジークやシャドーとか想像していただければ)
色:瑠璃色
備考:
 ヒロインが研究のために足を向けた古代遺跡の中で眠っていたオーガノイド。相方の古代ゾイド人はその場にいなかったので不明。ヒロインは軍に古代ゾイド人だけが見つかって狩られた、と予測している。
 基本おとなしく水の揺れる様など、自然の動きに心動かされる性格。ヒロインに懐いており彼女からもらったこの名もかなり気に入っているらしい。オーガノイドとしての能力は高く、性能の高いゾイドでも長時間補佐することが可能。背中にはいつもしまっているが翼があり飛ぶことも可能。単品での戦闘能力もあり薄い装甲のゾイドならば貫き倒せるくらい。
 ヒロインを傷つけようとするとかなり怖いことになる。ライトニングサイクスを勝手に操って敵を排除したり、などということもたまにあるあるらしい。

名前の由来
『瑠璃色』というのは英名で『ラピスラズリ』。響きがよかったのもあり、それを使ってヒロインは『ラピス』と名付けた。愛称の『ラピ』はヒロインの趣味。 





簡単な予告

「見たこともない、ゾイド?」

 それは、誰かに導かれたかのような完成された1つの出会いだった

「私はセフィラ。セフィラ・ブルームーン。この子はラピス、愛機は『ライトニングサイクス』よ。
 あなたは?」
「ルー、ジ……ルージ・ファミロン」

 タイムトリップ、壊れた歴史、いくつもの文化は消え去り、戦いの記憶すら残さぬ大地
 あまりにも過ぎすぎた時間の果ての場所に、少女は堂々と立ち、1つの唄を歌いだす

「別に。私は私のやりたいように生きるだけだもの。
 そりゃあ仲間がいないのは寂しいけど、どんな時代だって関係ないでしょ。そういうのは」
「私は……あいつらのやり方だけは許せない」
「戦いなんて嫌いよ。私インドア派なのにいつだって巻き込まれるんだもの。でも、ね……やらなきゃいけないことから逃げるのは、もっと大嫌いなの」

 瑠璃色のオーガノイドと、黒き獣を模したゾイドと。そして蒼を纏う1人の少女
 異端分子イレギュラーが揃った時、すべての歯車は狂いだす

「逃げずに立ち向かえっ!! それでもあんたは男かっ!!!」

 弔い歌の響く場所で、それでも手放せないものがあるのなら
 それが正しさだと、信じずに何を信じればいい?

「ゾイドは道具じゃない……生きてる、私達の共存相手なの!」
「セフィは……どう思う?」

 大丈夫。信じてる。隣にいよう。誰が裏切っても私だけは
 君と一緒なら、きっと、きっと――この想いは誰かに届いてくれるだろうから

「生きてるってこと、感じさせて。
 翼を捥がれた鳥だって、ちゃんと飛べるって思わせてよ……ルージ」





――『Lost Wings』  Coming soon……





やるか分からない上にこの予告予告じゃねぇ(なんかいろいろとダメだ)

題名は『Lost Wings』。これは決定。嘘予告ってことで上はスルーしてください


(テーマソング『Wild Flowres』)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

冬弥

Author:冬弥
物書き。気楽にやってます。
基本放置してる生存確認用。Twitter見る方が息はわかる。

Tree-Arcive

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。