10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間バトン4日目

 月歌ヒロインでーす



 覚悟してどうぞ



**********



「やっほー! 来たよー!」

 いらっしゃいです。テンション高いですねー

「えー? そーお?」

 ……まあ、あなたはそういうキャラですからいいですけども。最初はこんな予定じゃなかったのに……(まだ言う)

「あはは! 君の文章力があまりにも酷いからなっちゃっただけだって!」

 何気なく酷いこと言いますよねあなたって。自覚ありますからいいですけども

「だってあたし君の作ったキャラだしー。
 それよりさっさとヴァリアー編進めないといけないんじゃないの?」

 まあ途中までかけてるんですけどね、最新話。でもリクエスト溜まってるんでそっちの消化を先にするつもりです。あなたの謎、一体ヴァリアー編でどれだけ解けるのか……

店主オーナーさんよりマシだもん」

 似たようなもんですよ現実。白斗君もかなり引っ掻き回してくれてますしね、今。

「でも書きたいのって未来編なんだよね?」

 だってもう月属性の特徴まで決まってるんですもん。匣だって月属性はこんなタイプが多い、なことも全部決まってるのに……ああもう、あの人の設定ややこしくしちゃったから

「君が悪いと思うよー、あたし」

 そうなんですけどね。
 空空以上のシリアスさでいく気です。月歌未来編の最初は。空空もかなりのものだと思いますが……月歌はあれ越えますからね

「えー、じゃああたしまた苦労するの? ヤー」

 『ヤー』って言われても……脳内プロットでほとんど固定されてますし。
 そういえば、意外とあなたって話しやすかったんですねー……なんだか意外です。すっごい話しにくいの覚悟してきたのに

「恭くんも同じようなこと言うんだよー! 酷いよね! ね!!」

 いや、私言った立場の人間

「ツナにチクるもん」

 私のサイト、スレツナじゃないですから。黒ツナは大空に生息中ですし

「だからあっちのツナに」

 いや、あの、作品越えないでください。お願いですから

「ヤー!」

 だから『ヤー』じゃなくて

「ツーナー!!!!」

 ちょ、ストーーーーーーーーーーーップ!!!!!




(終了)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

冬弥

Author:冬弥
物書き。気楽にやってます。
基本放置してる生存確認用。Twitter見る方が息はわかる。

Tree-Arcive

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。